Menu

MENU
グルメトップ

55

行きたい♡

グラッポロ

グラッポロ

常時約12種の生パスタを用意。スタイリッシュな空間でエミリア・ロマーニャの伝統料理を自由に楽しむ

グラッポロ

レンガの壁が目を引くスタイリッシュな空間。

ワインセラーには常時200本余りのワインがストックされている。

ニョッキ、タリオリーニ、タリアテッレ等の生パスタ。

黒板に書かれたアラカルトメニュー。全てランチでも注文できる。

  • 手打ちパスタを12種類用意常時約12種を揃える生パスタは、毎日朝と夕方に手打ちする。基本は卵麺。イタリア産の粉に卵を練り込んだ生地は熟成させ、熟成具合によって茹で時間を調整する。ソースを絡めて盛り付ける無駄のない動きが、料理への期待を高まらせる。

  • 色鮮やかな食材が並ぶショーケースカウンター席のショーケースには旬の食材が並び、美味しそうな食材を見ながら、注文する料理を決めることができる。写真で並んでいるのは、ズッキーニ、舞茸、宮崎和牛ロースや鯛など。「秋は、イタリアの代表的な食材、ボルチーニや白トリュフが並び、ショーケースが最も華やぐ季節だ」という。

  • 自家製サラダソースで楽しむサラダ前菜の「サラダボーノ」1,400円(税込)は、季節の野菜約10品目に自家製のバーニャカウダソースと赤パプリカのドレッシングをかけて楽しむ一品。三浦シェフ曰く「自家製ドレッシングは、それだけでイタリア料理となる、サラダソースのようなものにしたい」と力を入れて開発した。

三浦仁シェフが生パスタに出会ったのは、イタリア・エミリア・ロマーニャ州での修行時代。マンマの手作りの味に魅せられ、帰国後日本にも広めるべく作り続けてきた。2003年、白金に同店をオープン。生パスタは、毎日、朝と夕方手打ちし、生地の熟成度合いによって茹でる時間を変えるなど、こだわりが光る。その他、独自のドレッシングで味わうサラダやメインの肉・魚料理も好評。ミシュランガイド東京2015に掲載(ビブグルマン)。

店舗情報

住所
〒108-0071
東京都港区白金台4-9-18
バルビゾン32
B1
アクセス
都営三田線 白金台駅 徒歩2分
地下鉄南北線 白金台駅 徒歩2分
営業時間
火~土 ランチ : 12:00~13:30
月~土 ディナー : 18:00~23:00
定休日
毎週日曜日
※※8月中旬・年末年始
平均予算(お一人様)
10,000円(通常平均)
電話番号
03-5793-5300
クレジットカード
VISA MasterCard UC ダイナースクラブ アメリカン・エキスプレス JCB MUFG

席・設備

総席数
22席
禁煙・喫煙
店内全面禁煙
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( NTT ドコモ ソフトバンク au)