Menu

MENU
グルメトップ

64

行きたい♡

ヤマノチャヤ

山の茶屋

永田町で歴史を刻むうなぎ料理の老舗。 150年以上の伝統に裏打ちされた味わいが食通を唸らせる。

山の茶屋

  • 継ぎ足し150年以上受け継がれる家宝「山の茶屋」はもともと貸席として大正11年に建造。そこに戦後、江戸初期から続くうなぎの老舗・麻布大和田が場所を移して開店し、現在に至っている。秘伝のタレは大和田開業時から受け継ぐもので、戦時中は地中に甕を埋めて守り抜いたという。継ぎ足しながら、150年以上にわたり大切に使われている。

  • 伝統のうなぎ料理を懐石コースで堪能蒸してから炭火で香ばしく焼き上げる江戸流の蒲焼きは、肉厚でふっくらとした口当たりが評判。1尾1尾の肉質を見極めた蒸し時間の調整が重要で、長年の経験と勘がものを言う職人技だ。蒲焼きがメインの「うなぎ懐石コース」のほか、うなぎの一品料理を楽しめる「うなぎ尽くしコース」も人気が高い。

  • 風格と趣漂う母屋の個室は築150年余建物の最も古い部分は大正11年の建造。大正・昭和の激動の時代をくぐり抜けてきた建物の風格は圧巻だ。店内は個室4部屋のみで、畳敷きの座敷のほか、テーブル個室や掘りごたつ個室もあり、年配や女性のゲストにも好評。離れの個室は特に人気が高く、祝いの席や顔合わせなどの改まった用途にも向く。

永田町・日枝神社に隣接する、緑深い木々に囲まれたうなぎ料理の名店。
名物の蒲焼きは、白焼きにしてからじっくりと蒸し、タレを付けながら炭火で焼き上げる江戸流で、
ふっくらとやわらかな食感が食通たちを唸らせる。
窓から庭木を見渡せる室内は、都心にいることを忘れるほど静謐。
150年以上の歴史を受け継ぎ、いつ訪れても変わらぬ味、変わらぬ空間がここにはある。
「山の茶屋」が時代を超え、人々を惹きつけてやまない。

店舗情報

住所
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-10-6
アクセス
地下鉄千代田線 国会議事堂前駅 5番 徒歩3分
地下鉄丸ノ内線 国会議事堂前駅 1番 徒歩4分
地下鉄 溜池山王駅 5番 徒歩6分
営業時間
月~土 ランチ : 11:00~14:00(L.O.13:00)
月~土 ディナー : 17:00~21:30(L.O.19:30)
定休日
毎週日曜日 祝日
年末年始(2016年12月29日~2017年1月4日)
平均予算(お一人様)
20,000円(通常平均)
電話番号
03-3581-0585
クレジットカード
VISA MasterCard DC ダイナースクラブ アメリカン・エキスプレス JCB MUFG
おススメポイント
うなぎ 個室 接待 懐石料理

席・設備

総席数
50席 座敷席あり 掘りごたつ席あり 座椅子あり
個室
個室あり 二人でも個室OK 完全個室あり
禁煙・喫煙
喫煙席あり
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( NTT ドコモ ソフトバンク au)