Menu

MENU
グルメトップ

123

行きたい♡

チュウカソバヤイトウ

中華そば屋 伊藤

煮干しの濃く深い味わいが際立つスープに自家製のストレート麺。この上ないシンプルさを追求した中華そば

中華そば屋 伊藤

トッピングは、ネギの小口切りのみの潔さ。

麺は、その日に作ってその日のうちに使い切る。

「肉めん」には、「麺との相性が最も良い」と考える煮豚が入る。

同店のメニュー同様に、シンプルな設えの店内。

  • 高級煮干しを惜しげなく使ったスープ伊藤氏が「煮干しが命」と語るスープは、著名料亭も取り入れている高級な煮干しを惜しげなく使って作られる。九十九里浜産の白口と青口のイワシの煮干しを2、3種ブレンド。獲る時期や年によって味が異なるのを一定にするため、ブレンドの配合率には骨を折るという。これに昆布、鯖節や鶏ガラを加えて作るスープは絶品だ。

  • 毎朝作る自家製ストレート麺麺は毎朝打ちし、寝かさずにその日のうちに使う。「味がよいのは、作りたての麺」というのが伊藤氏の持論だ。粉は国産とカナダ産のブレンド。加水は少なめにし、卵を多めに使って作る麺はコシがあり、噛むほどに粉の旨味を感じられる。煮干しの利いたスープに合うように、麺は縮れのないストレートなものを使用している。

  • 品書きは2品のみ同店のメニューは「そば」と「肉そば」の2品のみ。2品に絞っているのは、麺とスープだけで勝負する自信の表れだ。開店最初は、「純粋に麺とスープだけを食べてほしい」と考え「そば」だけの提供を予定したが、肉好きのゲストからの要望で、「肉そば」との2品とした。豚バラ肉を煮て醤油のタレにつけた煮豚のファンも多い。

店主の伊藤清勝氏は、秋田県で40年近くラーメン店を営む兄のもとで修行。その味を受け継いで、2004年に同店をオープンした。メニューは「そば」と「肉そば」の2種類のみ・トッピングはねぎのみ、というシンプルさだ。煮干の旨味が利いた雑味の少ないスープと、小麦の味が感じられるストレートな麺は深い余韻を残し、麺とスープのみで完成した独自の境地に達している。ミシュランガイド東京2015に掲載(ビブグルマン)。

店舗情報

住所
〒114-0003
東京都北区豊島4-5-3
アクセス
地下鉄南北線 王子神谷駅 2番出口 徒歩12分
JR京浜東北線 王子駅 徒歩20分
営業時間
火~金 : 11:00~16:00(L.O.16:00)
火~金 : 17:30~19:00(L.O.19:00)
土・日・祝日 : 11:00~17:00(L.O.17:00)
定休日
毎週月曜日 第4日曜日
※※月曜日が祝日の場合は火曜日休み ※不定休日あり、年始休み
平均予算(お一人様)
550円(通常平均)
電話番号
03-3913-2477

席・設備

総席数
11席
禁煙・喫煙
店内全面禁煙
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( NTT ドコモ ソフトバンク au)