Menu

MENU
グルメトップ

57

行きたい♡

コビキチョウオオノ

木挽町 大野

お得コース有

個室あり

座敷あり

お子様メニューあり

1日1組を迎えるために自家栽培野菜の収穫から始まる。 もてなすことの神髄を茶事から感じさせてくれる名店。

木挽町 大野

当日もお得! この日でネット予約する

8/19
8/20
8/21
8/22
8/23
8/24
8/25

2019/8/18 19:23 更新

: ネット予約可 -:ネット予約受付なし

  • その季節の粋を集めてもてなす茶懐石銀座木挽町の料亭で生まれた大野友之氏は、幼い頃から板場を仕切る父と、女将として店を切り盛りする祖母と母を見て育つ。幼少期から美食を味わうことで繊細な味覚を培ったという。調理師学校を卒業後、茶懐石料理の名店で修業し、料理はもちろん作法や決まり事まで学び、茶の湯の文化を気軽に味わってほしいと店を構えた。

  • 「一期一会」のもてなしを堪能できる茶道において、亭主が少人数の客を招き、濃茶を美味しく味わっていただく目的で食事を提供したことが懐石料理の起こり。その原型は、安土桃山時代の千利休にまで遡るといわれ、禅の影響を受けている。【木挽町大野】では「一汁三菜」を基本とした料理を味わった後、自宅の茶室で、店主大野氏が点てた薄茶のサービスがある。

  • 一服の薄茶で心を和ませるひとときを茶道に親しみのない方や外国の方に抹茶の美味しさや茶の湯を愉しんでいただきたいという想いから、不定期に【お茶の時間】として店を開けている。お好みの茶碗を選ぶと大野氏が薄茶を点ててくれる。作法は無用だか、知りたい方には丁寧に教えてくれるのでご安心。開店日は1週間前を目安に店のブログやFBで告知している。

茶の湯から端を発し茶事として昇華した茶懐石料理は、
食材だけでなく器や部屋の花に至るまで気を配り、誠心誠意もてなすという日本の文化だ。
それを堅苦しくなく味わってほしいという店主大野友之氏が、心づくしの料理で迎えてくれる。
女将と二人だけで切り盛りするため、予約は1日1組しか受けない。
作法を知らずとも、臆することなくアットホームな寛ぎの中で食事を堪能した後は茶室で薄茶をいただき、その余韻までも愉しめる。
【WEB予約について】
ネット上では予約できない日にちでも、
お電話でお問合せいただければ空いている場合がございます。
お気軽にお尋ねください。

店舗情報

住所
〒160-0004
東京都新宿区四谷3-6
アクセス
地下鉄丸ノ内線 四谷三丁目駅 徒歩1分
営業時間
月~日 : 11:30~23:00((要予約))
定休日
不定休日あり
平均予算(お一人様)
15,000円(通常平均)
電話番号
03-3353-5455
おススメポイント
一日一組限定 茶懐石 茶道 完全個室

席・設備

総席数
6席 座敷席あり 掘りごたつ席あり 座椅子あり
個室
個室あり 二人でも個室OK 完全個室あり
禁煙・喫煙
店内全面禁煙
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( ソフトバンク NTT ドコモ au)

鳥の塩蒸し弁当

築地にあった茶懐石料理点心柏家の伝統を引き継いだお弁当です。ご飯は妙高米コシヒカリ。炊き上げる直前に精米し羽釜で炊き上げます。甘い玉子と鶏のそぼろ、しっとりした鶏の塩蒸しが調和しており子供から年配の方まで幅広く好まれるお弁当です。1週間前に要予約。6個より調製させていただきます。店頭でお渡しいたします

季節の椀「酉スープ椀」味噌玉仕立て Chicken miso soup

[新メニュー]野菜と鳥のお出汁を楽しめる焼き餅の入った椀。味噌玉仕立て。軽食として。Chicken miso soup with rice cakes.

善哉餅 Zenzai red bean soup

黒砂糖が入りすっきりとした甘味を楽しめる一品 Sweet red bean soup with rice cake.

木挽町 大野

詳しいメニューを見る