Menu

MENU
グルメトップ

37

行きたい♡

アメゲン

飴 源

五感で楽しむ川魚料理。野趣あふれる素材を丁寧に仕上げた伝統の技に出会う

飴 源

初代が川魚料理と水飴屋を営んでいたのが屋号の由来。

彩りを添える自家栽培の野菜。4代目が毎朝摘み取っている。

それぞれの部屋には、作家ごとに唐津焼が展示されている。

窓の外には悠々と流れる玉島川の景色が広がる。

  • 玉島川の恵みと漁師の技玉島川は川の幸の宝庫で、ツガニ、鮎、ヤマメ、白魚など四季折々の恵みにあふれている。生きた川魚のみを使用する「飴源」では、活きの良い素材をどれだけ調達できるかが使命であり、熟練した地元漁師の活躍が大きい。厳選して仕入れた素材は、川から水を引き込み、清流をかけ流しにした生簀で種類別に育てられている。

  • 代々受け継がれていく味と技伝統の味と技を受け継ぐため、4代目の父と5代目の息子がともに調理場に立つ。素材の味が際立つ川魚料理だが、滋味深さを最大限に引き出すため、見えない部分で細かな仕事が施されている。なかでも鮎の飴焼きは、創業時から受け継がれる秘伝のタレを使用。二人の料理人の姿に、変わらぬ味を守る難しさと誇りが垣間見える。

  • 名窯元の唐津焼の器使用する器は、飯茶椀は有田焼で、他はすべて唐津焼で揃える。唐津焼を知る人ならば、その名を一度は聞いたことがあるであろう名窯元の作品ばかりだ。常連客ともなれば、大切な接待だからとお気に入りの窯元の器を使用するようリクエストすることもあるという。見事に盛り付けられた料理とともに、器もじっくり堪能したい。

1838年(天保9)創業の川魚と摘草料理の老舗店。清流・玉島川沿いに店を構え、ツガニ、鮎、ヤマメ、鯉、白魚といった川の幸が、著名作家の唐津焼で供される。野趣あふれる素材は、秘伝の味と技によって滋味深さが引き出され、食通はもちろん多くの文化人に愛されてきた。清流のせせらぎを聞きながら、風情ある四季折々の景色とともに五感で食を楽しみたい。ミシュランガイド福岡・佐賀2014 特別版に掲載(星二つ)。

店舗情報

住所
〒849-5102
佐賀県唐津市浜玉町五反田1058-2
アクセス
JR筑肥線 浜崎駅 車5分
営業時間
11:00~21:00(L.O.19:00)
定休日
毎週火曜日
平均予算(お一人様)
8,000円(通常平均)
電話番号
0955-56-6926
クレジットカード
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB

席・設備

総席数
30席 座敷席あり 座椅子あり
個室
個室あり
禁煙・喫煙
喫煙席あり
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( NTT ドコモ ソフトバンク au)