Menu

MENU
グルメトップ

22

行きたい♡

コリョウリシンタク

小料理 新宅

全国で修業を積んだ店主がもてなす小料理店。那珂川の夜景を眺めながらいただく繊細な創作和食に心奪われる

小料理 新宅

近海で捕れる天然のとらふぐも思う存分に堪能できる。

雪見障子を下ろせば、より落ち着いた雰囲気の空間に。

四季折々の食材が彩る華やかな「おまかせ会席コース」。

修業の経験を生かし、各地の食材を繊細な技で楽しませてくれる。

  • 全国で腕を磨き、魅力ある食材を探求店主の新宅氏は、京都で5年間修業した後に金沢、銀座などの和食店で腕を振るってきた人物。各店で料理人としての技を磨くとともに、その土地が持つ優れた食材を探求してきた。素材の味を生かしたシンプルな和食のスタイルを基本とし、旬で新鮮なものを提供するのが信条。季節感あふれる繊細な料理が魅力だ。

  • 修業の地で発見した魅力ある食材例えば、「能登の海女さん直送 シャキシャキ岩もずく酢」は、能登の海で採れた新鮮な岩もずくを自家製のもずく酢でいただく人気メニュー。他にも北海道のししゃもや塩水うに、秋田の天然の山菜やきのこなど、店主が修業中に探してきた全国の食材を取り寄せる。九州ではあまり目にかかれないものも多く、新鮮な驚きがある。

  • ネオンを映した那珂川を眺める特等席「自分が修業した京都のお茶屋バーのようなイメージにしたかった」という店主の言葉どおり、飾らぬ上品な店内からは、那珂川の景色が見られる。京都・鴨川の川床のような雰囲気で、夜になると博多の街のネオンが川面に映り込み、幻想的な景色を眺められるのが魅力。一本杉を使ったカウンター席も美しい。

杉の一枚板を使ったカウンターの映える店内。その窓の外には、博多の街のネオンが映りこんだ那珂川の景色が広がっている。「小料理 新宅」は、京都・鴨川の川床にあるお茶屋バーをイメージした、上品で洗練された雰囲気の店だ。店主は京都をはじめ金沢や銀座など各地を修業して腕を磨いてきた人物。その経験を生かし、各地から取り寄せた旬の食材を使った逸品を提供している。街灯りとともに、季節感ある繊細な料理を堪能したい。

店舗情報

住所
〒810-0003
福岡県福岡市中央区春吉2-4-14
カンデオホテルズ
ザ・博多テラス2F
アクセス
地下鉄七隈線(3号線) 天神南駅 6番出口 徒歩15分
地下鉄 中洲川端駅 1番出口 徒歩15分
営業時間
月~日・祝日 ディナー : 18:00~24:00(L.O.23:00)(※日・祝日は完全予約制)
定休日
不定休日あり
平均予算(お一人様)
4,000円(通常平均)
電話番号
092-724-3283

席・設備

総席数
6席 カウンター席あり 夜景が見える
禁煙・喫煙
喫煙席あり
携帯・Wi-Fi・電源
携帯の電波が入る( NTT ドコモ ソフトバンク au)